ED薬が効かない場合の対処法としてICI注射

カプセルと瓶

勃起不全で悩む男性は、世界中にいます。
勃起不全のことを、最近はEDと呼びますが、ED治療薬は様々なメーカーから販売されています。
しかし、中には他の病気を抱えて薬を飲んでいるため、ED治療薬の恩恵が受けられない人もいます。
ED治療薬を服用できない人達の間で話題となっているのが、ICI治療です。
ICI注射と呼ばれることもあります。
ICI治療というのは、薬剤を注射して勃起させる治療法です。
注射は、0.3mmの針を使います。
髪の毛くらいの極細の針を使うので、痛みはほとんどないです。
注射の打ち方は、初診時に教えてくれます。
ICI療法は、副作用がほとんどないので、持病があってED治療薬を服用できない人でも使うことができます。
ED治療薬は、服用後に性的な刺激を受けることで勃起するようになっていますが、ICI療法では、刺激がなくても勃起します。
ただ、自分で陰茎に注射するので、慣れるまでは緊張する人が多いです。
注射してから、10分くらいで勃起して、90分は勃起状態が続きます。
使用間隔を24時間空ければ、週2回までは使用が可能となっています。
注射した後に、勃起した状態が4時間以上続く場合は、医師の診断を受けた方がいいです。
医師の診断を受けずに放っておくと、海綿体に障害が出るリスクがあります。
ICI療法を試してみたい人は、初診時に検査があります。
検査は、1時間ほどかかります。
ICI治療で使った注射は、一般ごみとして捨てることはできません。
薬剤を処方してもらったクリニックまで持っていき、廃棄してもらいます。
ICI療法は、国の許可を受けていないため、自己責任で行う治療となります。
ICI療法について相談がある人は、クリニックのサイトにある問い合わせフォームや電話、メールなどで相談することが可能です。

関連記事
人気記事一覧